ヘアメイク森ユキオ 大人のためのビューティ塾

〈専門家たちのスペシャル対談〉
人生100年時代に知っておきたい
心とカラダのセルフケア

2021.11.26

前回の記事で水素の真実が少しわかったところで、今月は貴重なインタビューをLIV,独占で公開! 
東京大学大学院工学系研究科・徳野慎一特任教授と、防衛医科大学校生化学講座・佐藤泰司教授に、“高濃度水素ゼリー”の開発にも携わる森さんが
水素の重要な4つのテーマについて直接伺いました。
水素が叶える美と健康のつながりについて、
ここだけで読める熱い議論の様子をどうぞ。

1:老化と活性酸素の関係性

森さん(以下 森) ——— 肌のシミやシワといった老化現象から、多くの生活習慣病の原因としてもクローズアップされている活性酸素。10年ほど前から水素の持つ抗酸化作用に興味を持ち、素人なりに文献を読み情報収集していました。

佐藤教授(以下 佐藤) ——— 2007年に水素の生体への作用に関する最初の論文が発表されて以来、水素の医療関係への適応に関する論文は世界で優に500報を超えています。 

徳野教授(以下 徳野) ——— ある程度は体内に存在する抗酸化物質が活性酸素を除去してくれます。ですが、過剰に作られてしまうと体の中で様々な弊害を引き起こします。これが酸化ストレスと呼ばれるものです。中でも酸化力の強いのがヒドロキシラジカルで、様々な疾患の要因となっています。

森 ——— 老化現象や生活習慣病が引き起こされる原因とされている、ヒドロキシラジカルによる炎症を抑える物質として水素が有効なのですか?

徳野 ——— その通りです。

森 ——— 体の内外ともにですが、肌のパフォーマンスにも直結する問題です。水素の力で、肌を酸化ストレスから守ることはできるのでしょうか。

徳野 ——— 角質層があるので、いかに入り込めるかが重要となります。パックの商品化ができれば可能性が広がるかもしれません。体内での水素の寿命は短いので、効果を感じてはいても証明することが非常に困難です。分子のサイズから角質層は通り抜けると思いますが、パックのように長時間肌と接している必要があります。

森 ——— 水素ガス吸入、風呂用の水素発生機、そして“高濃度水素ゼリー”。水素の摂取方法は多様性に富んでいますが、それぞれ効果の出方が違うと感じていて。

佐藤 ——— それが水素の不思議なところです。興味深いことに、水素の摂取方法によって、効果が大きく違うということが知られています。例えば、パーキンソン病では水素ガスよりも、水素水の方が効果があると言われています。“高濃度水素ゼリー”という投与法は、最初聞いたときはピンと来ませんでしたが、面白い投与法だと思います。

徳野 ——— “高濃度水素ゼリー”は、「全く新しい水素の摂取方法を提案する」今までなかったサプリメントです。肌へのアプローチは“高濃度水素ゼリー”を食べることで効果を感じることもできると思います。

佐藤 ——— 水素をゼリーに閉じ込める新菱さんの特許技術を聞いて驚き、すぐに詳細を知りたく問い合わせしたことを鮮明に覚えています。ガスクロマトグラフィーという方法で、水素が間違いなく、大量に入っていることを確認しました。しかも大量の水素を、簡単に持ち運びができる。水素ボンベを持ち歩くことは現実問題として無理ですし、画期的な製品だと思います。

2:水素が認知されにくい現実

森 ——— 有害な活性酸素・ヒドロキシラジカルにだけ効果を発揮するという素晴らしい特性がありながら、世間からの信用度はとても低いのが現状です。

佐藤 ——— 水素自体、新しい研究分野でその歴史も2007年からと浅いものです。これまでも古今東西、多くの偽科学が生まれていることはよくご存知だと思います。我々研究者はピアレビューの論文がどれだけ存在するかで、偽科学かどうかを比較的簡単に見破ることもできます。もちろん、ピアレビューの論文でも間違いはありますが。

徳野 ——— 以前問題になった、水素が一切入っていない水素水の自主回収問題も尾を引いているように思います。水素の概念として、水素分子でなければ効果を発揮することはありません。保存安定性の問題に加えて、「水素」という言葉に、水素分子と水素原子が混同してしまっているので、水素はすべてニセモノだというレッテルを貼られてしまったことが要因と考えられます。

森 ——— エビデンスのない美容法ばかりが流行し、根本解決に至らないプラシーボ効果だけに頼るような商品が溢れています。実際に正しい方法で水素を取り入れているモデルやタレントの方々は、皆若々しく健康的です。

佐藤 ——— 水素がどのようなメカニズムで、どのような効果をもたらすのか依然謎に包まれたままです。水素が広く医療や美容で使われるようになるためには、どうしてもメカニズムの解明が必要です。現在、多くの研究者がこのメカニズムを解明するために努力しています。今年の夏に東京で行われる学会でもこのことが議論される予定です。

徳野 ——— 水素分子ってものすごく小さいんです。それに寿命が短い。体に入ると一瞬で分解してしまうので、追いかけるのも難しい。なので、研究者は苦労しているのです。

3:医療における水素の可能性

森 ——— 水素に関して、医療としては一般的にどのような認識なのでしょうか。

佐藤 ——— 医療界では実験レベルと言わざるを得ません。ただ水素の持つポテンシャルは非常に大きいと思います。今後、水素が医療認可されれば医療も大きく変わる可能性があります。

森 ——— うつ病、歯周病、脳梗塞… 具体的にどういった症状に効果をもたらすことが期待されていますか?

佐藤 ——— 脳梗塞の治療に関して言えば、アルテプラーゼ(t-PA)という脳梗塞治療薬が使われるようになってから大きく進化しました。しかし発症から4.5時間以内でないとt-PAを用いた超急性期治療の対象になりません。例えば僻地に住んでいる方は発症後、ヘリコプターで運ばれたとしても厳しい時間の壁があります。ですが実は、搬送中に水素を吸引することでt-PA治療のリミットを大幅に延長できる可能性があります。

徳野 ——— 治療行為は医者にしか認められていないので、救急隊員や看護師の判断では処置できないんですね。酸素吸入のみ許されているのが現在のガイドラインです。

佐藤 ——— 救急のガイドラインはそう簡単に変えられません。しかし水素を使うことで、今まで助けられなかった患者を救うことができる可能性があります。そういった可能性が浸透することで、世の中の認識が変わっていくと思います。

徳野 ——— 歯周病に関しては岡山大学の歯学部、新菱と共同研究しているところです。“高濃度水素ゼリー”をマウスに投与したところ、免疫系を改善していることはすでに実証済みですので、リウマチや花粉症、アレルギー症状には一定の効果を得られると考えています。精神的なストレスも炎症の一種とする考え方が最近では主流となっているので、水素でうつ症状を抑えることも期待できます。

森 ——— 近年増加の一途を辿る大腸がんにも効果はあるのでしょうか。

徳野 ——— マウスレベルでは結果が出始めています。やはり、これからもう少し研究を進めていきたいですね。美容に関して言えば、腸が綺麗になると女性は綺麗になりますよ。

森 ——— 腸活美容も最近話題となっています。毎日続けやすい“高濃度水素ゼリー”は効果的な摂取方法ですね。

徳野:今後の研究対象は動物から人間(臨床研究)へと進んでいきます。今後そういった論文が出てきたら、水素への偏見もいつしかなくなると思います。

森 ——— 水素が薬と呼べる日が来るのでしょうか?

佐藤 ——— 水素が医療の現場で実際に使われるようになるためには、未だいくつかのハードルがあります。水素がどのようにして色々な病態に効くのか、メカニズムがまだ詳細に解っていません。このメカニズムを明らかにすることは、安全性の担保にもなります。

4:副作用の報告がない水素

森 ——— 保存安定性が課題の水素ですが、逆に摂取の上限や副作用はあるのでしょうか?

徳野 ——— リスクはなく無害、デメリットは聞かないですね。副作用の報告は今まで一件もありません。

佐藤 ——— 副作用がないということは、未病の方にも使いやすい。「健康」と「病気」の二分論ではなく、その間の状態を「未病」として捉え、病気が大きくなる前に改善しようという考え方が注目されています。これまでの日本の医療は未病に関しては積極的に関与してこなかった。今の制度では医師が確定診断しないと積極的な治療を始めることは難しい。高齢化率が高まる中、未病改善は重要な政策となっていくでしょう。

徳野 ——— 例えばうつ病防止のために薬を摂取することは不可能ですが、水素なら健康な方が摂取しても、うつへの抵抗性が高くなる。これはとても有効な手段です。

佐藤 ——— 水素はストレスレジリエンスの強化にも効果があるという報告があります。ストレスレジリエンスとは、ストレスを感じてもしなやかに回復し、乗り越える力という意味です。近年、心理学や精神医学などの領域でよく用いられている用語です。

森 ——— サプリメントを自分で選び、摂取するより効率的ですね。

佐藤 ——— 「サプリメントを飲んでいる人間の方が寿命が短かった」という疫学研究の報告があります。活性酸素はひとくくりにされがちですが、体にとって必要な活性酸素も存在します。水素は毒性の強い活性酸素を選択的に除去すると考えられており、これが他の抗酸化剤と比較して副作用がない理由の一つと推測されます。また、水素は活性酸素と反応しても最終的には水となってしまうため、代謝物が蓄積しません。これも副作用がない理由の一つと考えられます。

徳野 ——— 水素は免疫反応の暴走を食い止める作用もあります。コロナ禍の現在はより、興味深い分野となる可能性が高いと思います。

森 ——— 精神的な炎症であるストレスにはもちろん、日焼けやヘアカラー剤による頭皮の炎症などにも、水素の良さを日々肌で感じています。

佐藤 ——— これまでも、間違った知識から多くの有害な美容方が生まれてきました。正確な知識を基に、美容に貢献したいという森さんのような考え方はとても心強いです。

森 ——— メンタル、ヘルス、ビューティの垣根を超えた、日常における様々なシーンで水素を取り入れることが当たり前になる日が来ると今日確信しました。研究が進み、一般的に正しい認知が進むことを切に願います。

佐藤 ——— エネルギー問題と環境問題に関しても、水素は同時に解決できる唯一のものだと言われています。水素社会がやってくる日も近いかもしれませんね。

Profile

徳野慎一
東京大学 大学院 工学系研究科 特任教授
神奈川県立保健福祉大学 ヘルスイノベーション研究科 教授
元自衛隊医官の経験から、自衛隊員のメンタル問題を研究。声からメンタルの特徴を解析することで、その病態を知る「音声病態分析学」の第一人者。

佐藤泰司
防衛医科大学校 生化学講座 教授
多彩な効果を発揮する水素分子を第一線で研究。世界をリードする研究内容で国内外から注目されている。第10回日本分子状水素医学生物学会(2021年8月に東京で開催)大会長。

水素を効果的に取り入れるなら…
高濃度水素ゼリー/Shinryo Healthcare(株式会社新菱

今回の対談注目されたのは、1本で1リットル分の水素水と同等の量が摂取できるゼリー状のサプリメント。
コラーゲン、エラスチン、アスタキサンチン、ローズヒップなどの成分を配合したベーシックタイプ(赤箱)のほか、アスリート用(銀箱)やビーガンタイプ(いちご柄箱)の3タイプをご用意。 
特典付きのはじめましてキットからお得な大容量セットまで、ライフスタイルに合わせてチョイスできます。

高濃度水素ゼリーの詳細・ご購入はこちら

ROIヘアメイク代表。雑誌や広告などのヘアメイクをはじめ、幅広い知識で商品開発にも深く関わり、モデルや女優から絶大な信頼感を得る。
“高濃度水素ゼリー”の開発にも携わる。
http://www.roi-hair.com/
https://www.instagram.com/moriyukio_roi/

ヘアメイク森ユキオ 大人のためのビューティ塾

水素って…なんかあやしい⁉︎ 乙部アン(以下 アン) ——— 水素って「いい」とは聞きますが、実際にはどんな役割をしてくれるんですか? 森さん(以下 森) ——— 水素は体の中に発生した活性酸素を中和・分解 […]

2021.10.20

大人の目元解決メイク 01あなたのアイメイク、古くない?“囲み目”は黒ではなく、淡色シャドウが正解 たとえば今アラフォーの人たちの間で昔流行った囲み目は、黒やグレーで目元を強調するもの。もちろん当時と同じようにメイクして […]

2021.08.16
Liv,

本当にいいもの・上質なものだけを知りたい大人へ。
リアルクローズの最高峰を凝縮した
ファッションウェブマガジン『LIV,』

多くの人が自由に発信し、たくさんの情報が溢れる中で、
ここさえ読めば“おしゃれのときめきとプロが発信する信頼できる情報”がすべて手に入る『LIV, 』。
ファッションテーマやビューティ企画はもちろん、広告からタイアップ、
イベントニュースに至るまで、一切の妥協のない情報だけを厳選してお届けします!

Smart Phone Only
スマートフォンからアクセスしてください

    無料メルマガ登録

    こちらの無料メルマガでは、新着記事、イベント、
    オンラインレッスン、プレゼント企画のお知らせをいたします。
    ぜひご登録ください!