Fortune-telling
月2回更新! 新月&満月のシカモア占い

乙女座の満月「理想の未来を開く魔法の鍵は“自分への誠実さ”」

2021.02.25

古来より月のリズムは、暮らしや心を豊かにする知恵として役立てられてきました。
新月は物事のはじまり。原点に立ち返ったり、新たなスタートを切るのを後押ししてくれるタイミングです。
満月は拡大するとき。これまで取り組んできたことが実を結んだり、成果が明らかになるタイミング。
新月と満月の毎月のテーマを知っておくと、「いま何をすればいいときなのか」がわかるようになります。
今月は、乙女座の満月の過ごし方についてご紹介します。

written by Sycamore

丁寧な暮らしによってブレない軸を身につける乙女座満月

2月27日17:18に乙女座で満月を迎えます。
12星座最後の魚座のシーズンに起こる満月は、過去一年間の総仕上げのシーズン。
いち個人の生き方として自分の軸を見つけ、ブレずに淡々と目の前のことに取り組むタイミングです。
乙女座満月は、私たちひとりひとりの中にある「乙女座の質」を育てる絶好のチャンス。

乙女座の質とは
・自分自身のためにブラッシュアップする力
・暮らしの隅々に目を向ける力
・「もの」や「環境」との対話力
・環境や状況に合わせて丁寧に対応していく能力
などです。

乙女座の性質は細部へのこだわりや完璧主義として語られがちですが、その根底にあるのは目の前にあるものと丁寧に対話する姿勢です。
他者からの評価や、社会が求める正しさを体現するための完璧主義とはかけ離れています。
暮らしに根ざしたクオリティこそが、乙女座の本質です。

ボーダレスな世界で生まれる本物の「対話」

乙女座の満月は、魚座の太陽が対角線上にある時期に起こります。
乙女座と魚座は常にセットではたらいており、今回の満月の影響を最大限に引き出すためにも魚座の役割が必要不可欠。
魚座はまるで海中のように、境界線をすべて溶かしてフラットにする性質があります。
実績やキャリア、肩書き、年齢、性別、分野の常識、仕事上の立場、時代性、個人のもつパーソナリティすら無意味にしてしまう、すべての境界線を消すような特性。
そんな究極のボーダレスが前提にあってこそ、乙女座の本質である対話力がうまく引き出されます。

乙女座のバランスが崩れると他者に対して批判的な気持ちになってしまうことがあります。
そんなときは、自分と相手を極端に分離してしまう「フラットになれない理由」が心の奥底に隠れています。
自己対話が不足しているのかもしれません。

乙女座と関わりの深い水星が2月21日まで逆行していたのですが、この間は過去との「対話」をする人が多かったはず。
幼い頃の記憶を思い出したり、懐かしい人と再会したりしながら、その時点で止まっていた時計を動かすように気持ちや解釈を更新していくようなことが起こった人もいたでしょう。
過去と現在をきっぱり分けるのではなく、映画のストーリーのように連続性をもって再解釈できるのが水星逆行シーズンの良いところです。

水星が順行に戻ったいま、過去のストーリーを引き継ぐように「目の前のもの」との対話がスタートします。
過去を再解釈したことで、目の前に繰り広げられる世界がすこし違って見える、それに伴い未来へのプランが変わることもあるでしょう。

「揺るぎないもの」と「新しくて自由なもの」を掛け合わせる

「土」の性質をもつ乙女座は、現実的で実務に長けており、
仕事や経済力など積み重ねによって規模を拡大していく分野で実力を発揮します。
乙女座と関わりの深い水星は「風」の性質をもっており、乙女座の性質とは対照的なのが面白いところ。
風は常に変化を求め、ひとつのことに縛られるのを嫌がり自由で知性的。
確実に着実に積み上げていく「土」と、自由な発想で新しいことを取り入れていく「風」のハイブリッドな性質こそが、
乙女座のもつ独特な感性なのです。

私たちひとりひとりの中にある乙女座の性質は、新旧を融合できる器用さがあります。
乙女座は季節の移り変わりのシーズンに重なる星座で「柔軟宮」というタイプに分類されます。
夏のファッションが秋には適さないのは当然ですが、
暑さの残る時期でも積極的に秋のテイストを取り入れていくような感覚はとても乙女座的。
新しいシーズンに備えておくだけでなく、自ら迎え入れていくような性質があります。

近年、これまでの暮らしや働き方のスタンダードの変化が求められる時代の変わり目ですが、
そんなときこそ新しいフェーズを「自ら迎え入れる」乙女座的なバランス感覚が求められます。

時代に適したスタイルを積極的に取り入れていく、
あらゆる側面において細やかな変化に対応していくことこそ、乙女座満月のタイミングに発揮していていきたい能力です。

乙女座の満月のアクションプラン

1:暮らしを整えることで「心を整える」
乙女座は暮らしや環境との結びつきが深い星座です。
目につくものすべてが気になってしまう性質が強調されやすいのですが、普段なら見落としていたこともひとつひとつ繊細に整えていくことをおすすめします。
不要なのに仕舞い込んでいる物は、心の決着をつけきれない何かと結びついているかもしれませんし、
どうしても手付かずになっている書類は、頭の中の混乱とつながっているかもしれません。
整理する時間そのものが自分との対話になるので、楽しみながらこの機会に取り組んでみてください。

2:人に向けていた視線を、愛をもって自分に向ける
乙女座の性質は「自分を磨き上げる」という性質があるのですが、自分ではなく誤まって他者に意識が向けられると批判的な意見や態度が出てしまうことがあります。
人に対して批判的な気持ちになってしまったときは、
自己肯定感の低さに気づくとき。
「自分はちゃんとやっているのに」「私がせっかく頑張ったのに」という気持ちが、批判的な態度を助長します。

本来、自分自身と丁寧に対話ができる乙女座の性質ですが、
自己肯定感が低いと「ダメな自分を成長させる」「価値のない自分を価値のある自分へ変える」という考えを持つようになります。
自分に対して「許せない部分」を持ったまま自分磨きをしても、磨かれるどころか偽物のアイデンティティを作りあげてしまいます。

乙女座の満月は、自己肯定感を浮き彫りにする作用があります。
批判的な気持ちが高まってしまった場合は、
人に向けていた視線を愛をもって自分に向けてみましょう。

「自分に対して愛をもつ」とは、わかりやすく言えば「不完全さ」を受け入れること。
何もできない、何も持たない、すべてを失ったとしても自分を無条件に肯定できるかどうかが大切です。

3:細部まで「本質」を求め新しいスタイルへと移行する
乙女座の能力が活かされはじめると、普段では目のとまらないような細部まで意識を張りめぐらせることができます。
ライフスタイル、働き方、人間関係などあらゆる面で細やかに
「本質」を求めるようになります。

乙女座の優れているところは、「その時々にあった本質」に柔軟に対応していく性質。
この満月を機に「時代の変化」に適応しながら新しい本質を見極めていくことができます。
逆に乙女座の性質が偏ってしまうと自己防衛が強く働き、その時々にあった本質を選び抜く力がダウンしてしまいます。

乙女座とゆかりの深い水星は「知性」の星。
「本質」に対して今一度自分自身で考えてみることが大切です。
「昔からこういうものだから」「〇〇はこうじゃないといけないから」と思っていることに対して、自分で考えて論理的に納得できているのか確かめる必要があります。
この時代に本当にマッチしているのかをひとつひとつ丁寧に確認していきましょう。

4:過去一年の総仕上げとして清算をする
満月は常に結果が実る時期ですが、春分から始まる12星座のサイクルで一番最後にやってくる乙女座の満月は
過去1年の総仕上げとも言えるタイミング。
一年間を振り返り整理できていないことがあればスッキリさせるチャンスです。

整理しておきたい項目は次の通りです。
・お互いのためにならない人間関係
・ポテンシャルを発揮しにくい環境
・溜まってしまっているタスク
・お金などの清算
・保留にしてしまっていること

ひとつずつきちんと決着をつけて、新しいサイクルへと進む準備をしましょう。

乙女座の満月では、自分自身と向き合う誠実さが重要になります。
自分と誠実に向き合えるようになると、人とも誠実で対等に向き合えるようになります。
フラットな関係性を築けるようになれば、仕事やプロジェクト、
環境や社会とも良好な循環を起こせるようになるでしょう。
これらを維持するためにも、しっかりと自己肯定感を高めてみてください。

次回は魚座の新月号です。
新月は、実を結ぶタイミング。3月13日まで4つのアクションを実行して、しっかりと準備しておきましょう。

それではよい満月をお過ごしください。

シカモア/占星術や自然哲学から豊かに生きるヒントを伝える研究家。執筆家。
https://www.instagram.com/sycamore_fortune/
https://twitter.com/sycamorefortune

シカモアとは「エジプトイチジク」の別名で、自然の豊かさや「生と死」の循環をあらわすものとして古代から大切にされてきた生命の木。人間中心から、自然中心の豊かな生き方に回帰していくヒントになればという思いから「シカモア」と命名。

Fortune-telling

自分の幸せを最優先したい魚座の新月 3月13日19:22に魚座で新月を迎えます。12星座最後の新月は1年間のリセットであり、再スタートを意味します。今回は魚座の位置に太陽と月だけでなく、金星や海王星も集合。海王星はもとも […]

2021.03.10

空気を入れ替えるように淀みが消える水瓶座新月 2月12日4:07に水瓶座で新月を迎えます。月だけでなく6つの惑星が水瓶座に集まるという、実に印象的なタイミングで、同じ場所に多くの星が集中することで水瓶座のテーマがより一層 […]

2021.02.12

自分を好きになった分だけ結果が出る獅子座満月 1月29日4:16に獅子座で満月を迎えます。満月はこれまで積み上げたことの結実のタイミングともいえますが、特に今回の満月は派手に「結果が現れる」ように感じられます。 獅子座と […]

2021.01.28

理想を実現するための第一歩となる山羊座新月 1月13日14:01に山羊座で新月を迎えます。山羊座といえば、現実に根ざし、行動的で確実に結果につなげる力を持つ星座。働き方やキャリア、お金などにも深く関係します。 新月はスタ […]

2021.01.12

心と身体にダイレクトに響く蟹座満月 12月30日12:28に蟹座で満月を迎えます。 月や惑星たちはそれぞれ持ち味を発揮しやすい星座があるのですが、月にとってのホームグラウンドは蟹座です。満月の影響力がもっとも強調されるの […]

2020.12.25
Liv,

本当にいいもの・上質なものだけを知りたい大人へ。
リアルクローズの最高峰を凝縮した
ファッションウェブマガジン『LIV,』

多くの人が自由に発信し、たくさんの情報が溢れる中で、
ここさえ読めば“おしゃれのときめきとプロが発信する信頼できる情報”がすべて手に入る『LIV, 』。
ファッションテーマやビューティ企画はもちろん、広告からタイアップ、
イベントニュースに至るまで、一切の妥協のない情報だけを厳選してお届けします!

Smart Phone Only
スマートフォンからアクセスしてください

    無料メルマガ登録

    こちらの無料メルマガでは、新着記事、イベント、
    オンラインレッスン、プレゼント企画のお知らせをいたします。
    ぜひご登録ください!